148

遊びながら楽しく医療情報に触れるスマホゲーム「うんコレ」を完成させたい!

 148

 こんにちは、日本うんこ学会会長の石井洋介です。私は医師として働く中で、「医療情報をもっと身近に、面白く、分かりやすく届け、大腸癌のことをもっと知ってもらいたい」という思いを抱いてきました。今回は、その解決方法の1つとして考えてきたスマートフォンゲーム「うんコレ」の開発・運営費用を集めさせていただくため、クラウドファンディングに挑戦いたします。よろしければ最後までお付き合いください。

 

 私はこれまで、消化器外科医として大腸癌をはじめとする多くの消化器疾患の手術をしてきました。しかし手術した頃には癌が進行しきっていて、どうしても助けられなかった患者さんが何人もおり、いくら腕を磨いても無力な時があるということを痛感しました。

 病気は、日常生活を送る中で静かに進行しています。特に大腸癌は通称「Silent Killer」と呼ばれ、かなり進行するまで症状が出ないといわれています。一方、病気に関する情報を調べたりするのは自身や身近な人に症状が出た時ではないでしょうか。

 私は、医師が助けられない程に病気が進行する前に患者さん自身が異変に気付いたり、普段から医療情報に興味を持ってもらいたいと考えてきました。しかし、医療情報は真面目で難しいものが多く、既に興味がある人にしか届かない。そんな問題意識を持っていました。

 実は、大腸癌の症状が最も早く出るのは「うんこ」です。大腸癌に限らず、大腸に起こる疾患の多くは排便に異常が現れます。「せめて、この事を少しでも多くの人に知ってもらいたい」と感じていた矢先に、「うんことおっぱいはバズワードだ※」という言葉を耳にしました。

※バズワード:SNS上で拡散される力が強い言葉のこと。

 「うんこ」というワードを利用することで、より多くの人に大腸がんをはじめとする消化器疾患の情報を伝えられるのではないか――。そこで思いついたのが、生活に身近な「スマートフォン」で遊べるゲーム『うんコレ』を作り、面白さの中に真面目な医療要素を混ぜることでした。

 うんコレは、腸内細菌を擬人化し萌えキャラ化した、俗に言うソーシャルゲームです。ただし、一つだけ特徴があります。

課金の代わりにうんこの報告をする」ことです。

 課金とは、ゲーム内でお金を払って強いキャラクターやアイテムを手に入れること。これにより、強い敵を撃破できるようになります。うんコレの場合は、この課金の代わりに排便報告をすることでキャラクターを手に入れられます。

 毎日の排便報告の中で、快便のためのアドバイスがついたり、病気を疑う怪しい排便状態を確認した場合にはアラートが出る仕組みになっています。

 

 プレイヤーはトイレの向こう側の世界「ウントピア」を守るために、腸内細菌をモチーフとしたキャラクターを操ることで、「クリーブス」と呼ばれる敵を早期に撃破することを目的としています。クリーブスの目的が何なのか、ウントピアとは何なのかはゲームをプレイしてからのお楽しみです。 

 

 

 さて、ここまで私の便に対する思いを熱く語ってきましたが、同じ病院で働く同僚医師には「よくそんなことやるね」と呆れ顔で言われたこともありました。例え同じ消化器外科医といえど、全員が排便にこれほど情熱を持っているとは限りません。私がここまで排便に情熱を注ぐ理由は、医師になる前に遡ります。

血便が出てる……

 そう気がついたのは、私が中学三年生の冬でした。その時は「ただの痔かな?」と思い、しばらくそのままにしていましたが、高校入学した15歳の夏に原因不明の発熱に悩まされ、入院となりました。

 この時、私は医師に排便の情報を伝えることはできませんでした。医師から「血便、出てる?」と聞かれていれば答えられたと思いますが、私自身が発熱と血便が関係することを知らなかったため、伝えることができませんでした。

 ありとあらゆる検査を行い、入院1カ月目にして分かった病名は「潰瘍性大腸炎」でした。

  これは大腸に潰瘍が出現する病気で、現在の医療でも完治の難しい難病に指定されています。食事制限などもあり、少しずつ高校から足が離れて、ほとんど高校に通えないまま卒業。そのままフリーターとなった19歳のある日、病状が悪化し緊急手術で大腸を全て摘出せざるを得なくなってしまいました。当然普通に排便することはできず、腹部から便を排泄する「人工肛門」となりました。 

 落ち込んでいた時、たまたまインターネットの匿名掲示板で人工肛門を閉鎖する手段があるらしいという書き込みを読みました。どうやら近くの病院で、大腸がない私でも人工肛門を閉鎖し、普通の生活を送れるようになるらしい。私はすぐにその病院を受診し、無事手術をしてもらうことができました。

 たった一つの情報を得たことで、私の人生は劇的に変わりました。素晴らしい技術を持った外科医と出会えたことで、人生が劇的に変わったのです。

 自分も手術が出来る側になりたい。何故そう思ったのかは今となっては分からないのですが、外科医を目指し、結果、自分が手術を受けた病院で外科医としてのキャリアを始めることになりました。

 意気揚々と外科医になった私ですが、前述の通り、進行がんの患者さんなど、どうしても助けられない人達との出会いがありました。少しでも多くの人に色々な情報を届けられていたら、どうなるんだろうかという思いがここまでの活動の原動力になっています。

 もし、当時ゲームや漫画ばかり見ていた15歳の石井少年に医療情報を届けるのであれば、ゲームや漫画の中に医療情報を入れるしかないと思ったのです。少しでも多くの人達に医療情報を届けられるような活動にするには、絶対に医療情報に手を伸ばさないような人達にも届くような言葉で、形で届けていきたいです。

 「うんコレ」は全てボランティアのチームによって製作されてきました。最初は10人にも満たないチームで製作を始め、活動を重ねる中で「もし何か手伝えることがあれば」と手を挙げてくれた人たちの加入によって徐々にメンバーが増えていきました。当初は音楽も声もなかったゲームが、作曲家や声優さんたちの協力により、フルBGMでフルボイス付きになっています。

 「絵を一枚だけ」「コードを一行だけ」「技術的な協力はできないけれど、メールの返信だけでも」と、実に多様なメンバーに参加してもらうことで、色々なアイデアが注入されてきました。声を掛けてくれた人たち全員が日本うんこ学会会員で、うんコレの製作メンバーです。そして、今このファンディングを支援していただいた方も全て、この「うんコレ」の製作者であり仲間だと思っています。皆様の声を「うんコレ」に届けてもらい、より良いゲームにブラッシュアップされ続けることを夢見ています。

 原則全ての工程をボランティアスタッフが行う事で、これまで予算をかけずにやってきました。しかし完成に近づくにつれ、どうしても予算が必要な工程が見えてきました。これらをスポンサーに依頼する事も検討しましたが、自分たちの思いを変えずに発信するために、まずは自分たちだけの手で配信できる道を考え、クラウドファンディングを行う事にしました。

【予算が必要な工程】

・年間のサーバー利用料
・コンテンツの商標登録料
・どうしてもボランティアでは集まらなかった背景やボタンなどの製作費 など

【リターンについて】

 今回、私たちの製作メンバーに加わっていただける皆さまに、こちらのリターンをご用意しました。

 ここまで読んでいただき、誠にありがとうございました。消化器外科医の思いつきからはじまったスマホゲームがボランティアの力で完成し、世の中に公開できそうな段階までこれたことは奇跡的で、とても嬉しいです。

 ただ、まだ「うんコレ」は誰の命も助けていません。実際にどれだけの効果があるかも実証できていません、もしかしたら悪影響がある可能性も否定は出来ません。そのような事もしっかり検証しながら進めていきたいと思っています。

 2018年の1月には倫理審査委員会を通して臨床試験も試みました。福岡市のお力を借りて、低予算で50人程に行ったものです。結果は追ってご報告いたしますが、このような取組もようやく始まったところです。

 まだまだ未熟な取り組みではありますが、もしご支援いただけるようであれば、お気持ちだけでも頂ければと思います。

 皆様と一緒に作ったゲームで、少しでも健康な世の中が実装できれば幸いです。

 

2018年2月吉日

日本うんこ学会 石井洋介

 

 Facebookで
シェア
  Twitterで
ツイート

campfire
  • 目標金額 
    3,000,000
  • スポンサー募集終了まで 
    297221

¥1,500 の支援

・会員証PDF
・感謝メール
・ウェブサイトにスペシャルサンクスを掲出

¥3,000 の支援

・実物会員証
・感謝メール
・ウェブサイトにスペシャルサンクスを掲出

¥5,000 の支援

・日本うんこ学会オリジナルタオル
・日本うんこ学会オリジナルステッカー
・実物会員証
・感謝メール
・ウェブサイトにスペシャルサンクスを掲出

¥10,000 の支援

・うんコレ図鑑
・日本うんこ学会オリジナルタオル
・日本うんこ学会オリジナルステッカー
・実物会員証
・感謝メール
・ウェブサイトにスペシャルサンクスを掲出

¥30,000 の支援

・日本うんこ学会オリジナルTシャツ
・うんコレ図鑑
・日本うんこ学会オリジナルタオル
・日本うんこ学会オリジナルステッカー
・実物会員証
・感謝メール
・ウェブサイトにスペシャルサンクスを掲出

¥50,000 の支援

・日本うんこ学会オリジナル白衣
・日本うんこ学会オリジナルTシャツ
・うんコレ図鑑
・日本うんこ学会オリジナルタオル
・日本うんこ学会オリジナルステッカー
・実物会員証
・感謝メール
・ウェブサイトにスペシャルサンクスを掲出

¥100,000 の支援

・完成披露記念豪華パーティーご招待(※)
・日本うんこ学会オリジナル白衣
・日本うんこ学会オリジナルTシャツ
・うんコレ図鑑
・日本うんこ学会オリジナルタオル
・日本うんこ学会オリジナルステッカー
・実物会員証
・感謝メール
・ウェブサイトにスペシャルサンクスを掲出
(※会場までの交通費は各自ご負担ください。日時など詳細は別途ご案内致します。)

¥300,000 の支援

・石井講演(※)
・完成披露記念豪華パーティーご招待(※)
・日本うんこ学会オリジナル白衣
・日本うんこ学会オリジナルTシャツ
・うんコレ図鑑
・日本うんこ学会オリジナルタオル
・日本うんこ学会オリジナルステッカー
・実物会員証
・感謝メール
・ウェブサイトにスペシャルサンクスを掲出

(※宗教や特定の治療法を推奨するような企業の方とはお付き合いできず、この引換券をご購入をいただいてもお引換できない場合があります。交通費・宿泊費は別途発生。)
(※会場までの交通費は各自ご負担ください。日時など詳細は別途ご案内致します。)

¥500,000 の支援

・日本うんこ学会があなたのイベントやプロジェクトを支援(※)
・石井講演(※)
・完成披露記念豪華パーティーご招待(※)
・日本うんこ学会オリジナル白衣
・日本うんこ学会オリジナルTシャツ
・うんコレ図鑑
・日本うんこ学会オリジナルタオル
・日本うんこ学会オリジナルステッカー
・実物会員証
・感謝メール
・ウェブサイトにスペシャルサンクスを掲出

(※宗教や特定の治療法を推奨するような企業の方とはお付き合いできず、この引換券をご購入をいただいてもお引換できない場合があります。交通費・宿泊費は別途発生。)
(※会場までの交通費は各自ご負担ください。日時など詳細は別途ご案内致します。)

¥1,000,000 の支援

・痛便器
・石井講演(※)
・日本うんこ学会があなたのイベントやプロジェクトを支援(※)
・完成披露記念豪華パーティーご招待(※)
・日本うんこ学会オリジナル白衣
・日本うんこ学会オリジナルTシャツ
・うんコレ図鑑
・日本うんこ学会オリジナルタオル
・日本うんこ学会オリジナルステッカー
・実物会員証
・感謝メール
・ウェブサイトにスペシャルサンクスを掲出

(※宗教や特定の治療法を推奨するような企業の方とはお付き合いできず、この引換券をご購入をいただいてもお引換できない場合があります。交通費・宿泊費は別途発生。)
(※会場までの交通費は各自ご負担ください。日時など詳細は別途ご案内致します。)

¥1,000,000 の支援

・日本うんこ財団の立ち上げ時に理事になれる権利(※)
・石井講演(※)
・日本うんこ学会があなたのイベントやプロジェクトを支援(※)
・完成披露記念豪華パーティーご招待(※)
・日本うんこ学会オリジナル白衣
・日本うんこ学会オリジナルTシャツ
・うんコレ図鑑
・日本うんこ学会オリジナルタオル
・日本うんこ学会オリジナルステッカー
・実物会員証
・感謝メール
・ウェブサイトにスペシャルサンクスを掲出

(※宗教や特定の治療法を推奨するような企業の方とはお付き合いできず、この引換券をご購入をいただいてもお引換できない場合があります。交通費・宿泊費は別途発生。)
(※会場までの交通費は各自ご負担ください。日時など詳細は別途ご案内致します。)

日本うんこ財団とは…
日本うんこ学会の理念をそのままに一般財団法人化を計画しています。
今回の目標額を大きく上回った場合には、資金運用の透明性確保が困難になることが法人化の理由です。

何故、NPO化ではなく、財団化なのか。
……響きがカッコイイから、以上です!
もしそんなカッコイイ響きの「日本うんこ財団」の理事になってもいいよという奇特な方にオススメです。

クラウドモンスターは検索やランキングで
クラウドファンディングプロジェクトをご紹介 プロジェクト掲載・プレス等についてはコチラ


campfireへ