335

SWEETS×BOXを日本最大のお菓子動画コンテンツにして児童労働者を救いたい!

 335

初めまして、【Sweets×Box】プロジェクトの担当 山里 昌崇と申します。私は、お菓子作りという世界を通して、お菓子が世界を変える一歩に繋がればと考えています。「お菓子作りが世界を 変える一歩」 ココだけ聞くと、どういう事?と思われますよね。

私はモノづくりが好きで、さらに人に何かを提供する事が好きな性格上、ケーキを作り友人などにプレゼントしていました。その時に友人が喜んで貰える事が嬉しく、お菓子をよく作っていました。

ある日、お菓子の本をインターネットで買おうと探していた所、

「わたし8歳、カカオ畑で働きつづけて。」

という、本のタイトルが目に入りました。何気なく購入して読んだ本には、児童労働という世界 の現実でした。 お菓子に関わる方たちで児童労働という現実を変えられるサイクルを作りたいと思い「Sweets×Box」を始めました。

 

「Sweets×Box」は、お菓子作りが好きな方へ向けたコンテンツで、一流Chefのお菓子の作り方を動画で何度も観る事が出来るサイトです。

 

 

お菓子は科学的な知識や技術が必要な為、お菓子作りの難しいというイメージを植え付けてしま い、どうしたら失敗しないで作れるのかわからなくなってしまいます。Sweets×BoxではChefた ちが何故このタイミングで混ぜるのかなどを説明してくれます。

 

お菓子を作る上で本を見る方も多いと思います。工程順に写真があり、初めて作るお菓子だとな かなかイメージが浮かばず、生地をどんな風に扱えば良いかわからない事があります。 写真では、伝わりにくい部分をChefの手元を中心に撮影した動画で確認する事ができます。

 

お菓子を作る人は本を買ってドンドン増えていってしまいますよね。
「Sweets×Box」では有料会員額 500円/月で一流Chefたちのレシピをいつでもダウンロードできます。

 

Proの方はコンクールなどへ出展する飴細工やチョコレート細工など、日々練習をしています。ま た、アシェットデセールというお皿にデザートを盛るという技術などは、学びたくてもお店では 学べない場合もあります。そんなProでも学べる動画を用意し、業界の発展に繋げていきます。

 

その他にも、Chefが開催するSweetsレッスンの情報を確認予約することができます。サイト内にはユーザー同士のコミュニティの場をご用意しており、さらにはお菓子の道具、材料を購入する事も出来ます。

 

Sweets×Boxでは、動画というサービスでお菓子作りが好きなユーザーとChefとを繋げる事で、 よりお菓子作りが楽しく上手に出来る事を目的としています。

Sweets×Boxでの売り上げは冒頭で も申しあげました、「わたし8歳、カカオ畑で働きつづけて。」の著者であり、児童労働の撲滅 活動を行う NGO ACEへと寄付とさせて頂きます。このサイクルを作り還元していく事がSweets ×Boxの使命だと思い推進しています。

 

世界では児童労働をしている子供たちが2013年時点で1億6800万人いる事が確認されています。

児童労働と聞くと、子供が働いている。そんな軽いイメージを受けますが、実際は危険・有害労 働と言われている内容も含まれ、危険・有害労働には、債務労働・子ども兵士・児童買春・麻薬 売買などが挙げられます。

直ちに救い出さなければ、命に関わる子どもたちです。 そんな危険労働をしている子どもは8500万人推計されています。

では、何故子どもたちが働かなければいけないのか、それは圧倒的な貧しさです。親が子どもを養 う事が出来ない為に、子どもが働かざるをえません。

 

農園で作業をする場合は、寒暖の厳しい中での肉体労働は身体に大きな負担がかかります。家事労 働をする少女たちは雇い主の性的虐待の犠牲になる場合もあり、心に受けた傷を癒すにはとても 長い時間がかかります。

 

教育を受ける事は新しい可能性に繋がります。読み書きや基礎的な計算をする能力を身につける ことは、将来どのような仕事をするにも必要です。能力や知識を身につければ仕事の幅が広がり 、貧困から脱する事も出来ます。

 

毎日働かなければならない子ども達は、自由を奪われ奴隷状態です。奴隷制度はなくなっても、 実際には今でも存在し、主人の奴隷は所有物とみなされているので売り買いされることもあり ます。

 

幼いうちに命を落としてしまう原因の多くは、下痢など少しのケアで予防出来るものなのです。衛生に関する基礎的な知識がない為、尊い命が失われているのです。これらの病気から身を守るためにも、教育を通じて正しい知識を身につける事が重要です。

「わたし8歳、カカオ畑で働きつづけて」より、抜粋

 

■出演Chef

<レ・アントルメ国立:魵澤 信次>

ファミリーマートのsweets監修や一般社団法人日本洋菓子連合協会公認技術指導員・副委員長を務めProへ 技術指導を行うChef。
「レ・アントルメ国立 魵澤シェフの、美味しいパティスリー・サレ ~ケーク・サレからピザ、キ ッシュまで」を出版。
http://www6.ocn.ne.jp/~entremet/maison/

 

<ル・ポミエ:フレデリック・マドレーヌ>

笹塚、麻生十番、神楽坂に店舗を構え、フランス政府より国家厚労省シュヴァリエを受賞。
公益社団法人東京都洋菓子協会・技術指導部委員を務める。

「フランス菓子」を出版。
http://www.lepommier-patisserie.com/

 

<オー・デリス・ケンジ:堀 健志>

フランスで有名な製菓学校ル・コルドン・ブルーの元講師。
ル・コルドン・ブルー代官山校では 7年間講師を務め、教える事に長けたChef。
http://tabelog.com/tokyo/A1312/A131203/13102866/

 

<ラ・ヴィエイユ・フランス:木村 成克>

社団法人日本洋菓子協会連合会公認技術指導委員を務める。
「ラ・ヴィエイユ・フランスの焼き菓子の本―伝統と感性が息づく“本物のおいしさ」を出版。
http://www.lavieillefrance.jp/

 

<ドゥ・ボン・クーフゥ:岩柳 麻子>

パティスリー&カフェを5店舗経営するChef。
独創的で美しいsweetsが人気のChefで製菓学校レコールバンタンでも講師として活躍。
http://dbc.apartment-key.com/

 

今回、クラウドファンディングを使用した理由としては、自己資金でこれまで活動していました が、活動の幅に限界を感じ今回クラウドファンディングを利用する事で活動を知って頂き、応援してもらえる、活動資金を集められる、という所に可能性を感じました。

支援金の使い道は、Sweets×Box今年度の活動資金とお菓子作りが好きな人に認知してもらう為の 広告費用を出資して頂きたく、今回のプロジェクトを対置あげました。

一口7,000円のコースに支援して頂いた方には、 動画出演のドゥ・ボン・クーフゥ岩柳麻子Chefより、makuake限定ホワイトチョコ×柚子のSweets (直径9cm×9cm)と、上記で一部抜粋させてもらいました「わたし8歳、カカオ畑で働きつづけて 」を合わせて贈らせて頂きます。

10,000円のコースは7,000円コースにルージュブランシュの一度食べたら癖になる、とっても瑞々 しいショコラ・オランジェットを加えさせて頂きます。

 

< 実行者の想い >

最後まで読んでもらい、本当にありがとうございます。

私は、このサービスを通じてお菓子作りの楽しさを知ってもらい、その喜びを社会に貢献してい ける事を強く願っています。

 Facebookで
シェア
  Twitterで
ツイート

Makuake
  • 目標金額 
    250,000
  • スポンサー募集終了まで 
    終了しました

¥3,240 の支援

NGO=ACE出版 「わたし8歳、カカオ畑で働きつづけて」
●「わたし8歳、カカオ畑で働きつづけて」
(NGO=ACE出版)

¥5,400 の支援

Rouge Blanche 若林Chefより、ショコラ・オランジェット
●ショコラ・オランジェット
(ルージュブランシュ若林Chefより)

¥7,560 の支援

De bon coeur岩柳Chefよりmakuake限定ホワイトチョコ×柚子
●【makuake限定】クリームチーズ×柚子のSweets:直径12cm
(ドゥ・ボン・クーフゥ岩柳麻子Chefより)

●「わたし8歳、カカオ畑で働きつづけて」
(NGO=ACE出版)

¥10,800 の支援

【makuake限定】Sweets+ショコラ・オランジェット+書籍
●【makuake限定】クリームチーズ×柚子のSweets:直径12cm
(ドゥ・ボン・クーフゥ岩柳麻子Chefより)

●ショコラ・オランジェット
(ルージュブランシュ若林Chefより)

●「わたし8歳、カカオ畑で働きつづけて」
(NGO=ACE出版)

¥32,400 の支援

【限定4名様】De bon coeur岩柳Chefより、プライベートレッスン
【限定4名様】
●De bon coeur岩柳ChefよりSweets教室を開催して頂きます。

※Sweets教室は都内で10月中旬を予定しております。
※詳細はプロジェクト終了後、実行者からご連絡致します。
※交通費は別途ご負担頂きます。

クラウドモンスターは検索やランキングで
クラウドファンディングプロジェクトをご紹介 プロジェクト掲載・プレス等についてはコチラ


Makuakeへ