926

岩手の米で作った岩手のお酒「南部美人」を広めたい!

 926

南部美人ファンド2015-II

「南部美人ファンド2015」好評により、追加募集いたします。
1902(明治35)年創業、岩手県二戸の株式会社南部美人が地元の酒米を使用した日本酒で、海外における販売拡大への挑戦を応援するファンドです。ファンドの資金で、地元岩手県産の酒造好適米を購入し、2015年度に醸造した5製品の売上の一部を分配します。応援してくださった出資者の皆さまには、1口あたり、ご出資いただいた皆様のみに特別に醸す「純米大吟醸」をはじめとした約9千円相当の3本の製品をご送付いたします。

本ファンド対象事業の魅力

岩手県産の酒造好適米「ぎんおとめ」で醸し、海外での販売拡大に挑戦するためのファンド

南部美人は、日本三大杜氏の筆頭に数えられる南部杜氏の洗練された技術と伝統を受け継ぎながら、挑戦をし続ける「温故知新」を合言葉に、日々酒造りに精進しています。新たな挑戦の一つが「海外への挑戦」。

3代目蔵元が60年前に地元の二戸市でしか飲まれていなかった南部美人の製品を初めて盛岡で販売、4代目蔵元が40年前に初めて全国で販売しました。そして現在の5代目蔵元は、1997年より海外への展開を開始しました。

2000年代に入り、アメリカでの日本食レストランの流行が追い風となり輸出量が増えていきました。しかし、現地のソムリエから「どうして岩手のお酒なのに岩手の米を使わないのか」という指摘を受けます。海外で挑戦を通じて、地元の酒米にこだわることの重要性に気付かされ、本ファンドの対象製品である「南部美人特別純米酒」を開発することとなりました。

本ファンドを通じて購入する酒造好適米の一つ「ぎんおとめ」は岩手県北部だけで栽培されている品種です。地元二戸の金田一の「金田一営農組合」が無化学肥料減農薬栽培で生産し、南部美人が全量買取を行っています。「吟ぎんが」および「結の香」も同じように、岩手県産の酒造好適米です。

2001年から栽培開始されたこの品種は、開始当初は1軒の農家から始まりましたが、現在では約20軒の農家が組合に参加し栽培されています。この「ぎんおとめ」から「大吟醸」「純米吟醸」「特別純米酒」を、「吟ぎんが」や「結いの香」からは「純米吟醸 吟ぎんが」、「純米大吟醸 結の香」を醸し、国内外への販売を行います。

海外は、アメリカ、アジア、ヨーロッパ、中東など世界約20カ国以上の販売ルートまで広がっており、昨年は、特別純米酒は25KL(本ファンド対象製造量の約37%)が海外で販売されています。

今後も海外への販売量拡大を行っており、製品の販売開始から数か月前に支払う必要がある酒米の購入代金をファンドを通じて集めることで、醸造拡大への挑戦を行いやすくします。

「日本航空」および「エミレーツ航空」の機内酒に採用。世界からも高い評価を得ています

こうした挑戦の成果として、1997年~2004年には、モンドセレクションで8年連続金賞以上を受賞、2004年以降は全米日本酒歓評会では連続入賞し、「ゴールドメダル」も受賞するなど、海外でも高い評価を得ています。

2007年からは「日本航空」のファーストクラス機内酒に採用され、2013年からは中東の「エミレーツ航空」の国際線の機内酒に採用されています。

2010年にはFIFAサッカーワールドカップ南アフリカ大会の公式「日本酒」として、純米酒「南部美人」が選出されました。

出資者限定の純米大吟醸、特別純米酒、そして糖類無添加梅酒をご送付

本ファンドの出資を通じて、世界への挑戦を応援してくださる出資者の方には、1口5万円につき、計3本(約9,000円相当の商品、送料込)を製品をご送付致します。本ファンドで購入する「ぎんおとめ」で製造し、一般には流通することがない出資者限定の「純米大吟醸」、最も海外で呑まれている「特別純米酒」をまずお楽しみください。

そして、日本酒が飲めない方そして健康志向の方向けに、糖類を一切添加することなく製造に成功した「糖類無添加梅酒」もお届けします。
本製品は、梅酒の常識を覆し、砂糖や甘味料、アミノ酸など一切の甘さの添加物を加えず、純米酒が本来持っている自然な甘みに加え、アミノ酸がうまみを最大限に引き出し、梅酒本来の味わいを損なうことのなく、飲みやすくすっきりとした大人の梅酒です。

営業者紹介


1902年(明治35年)、岩手県二戸市にて創業。「綺麗で美しい酒を造りたい」という思いと、岩手県二戸市は昔から「南部の国」と呼ばれていることからお酒を「南部美人」と命名。


現在は5代目となる社長のもと、伝統を受け継ぎつつ、平均年齢32歳の若い蔵人たちとともに、岩手県の北部だけで生産される酒造好適米「ぎんおとめ」を使用した純米酒や、岩手県産の梅を使用した「糖類無添加梅酒」などの製造を行う。

販売については、日本国内に留まらず、1997年より海外輸出に関心を持つ他酒蔵とともに「日本酒輸出協会」を立ち上げ、積極的に輸出に取組み、現在ではアメリカ、ヨーロッパ、中東、ロシアなど世界24カ国で販売している。

代表者紹介

代表取締役 五代目蔵元 久慈浩介

2013年に5代目代表取締役社長に就任。
高校時代の米国への留学で家業である「酒造り」に目覚め、東京農業大学農学部醸造学科に進学。宮城県の「勝山酒造」、熊本県の「香露」、そして沖縄県石垣の八重泉酒造などでの実習やアルバイトを経て、2005年に株式会社南部美人入社。先代杜氏の故山口一氏の技術と酒造りへの心を継承し、南部杜氏の松森淳次氏とともに岩手県が認定する「青年卓越技術者表彰」を最年少で受賞。東京農業大学客員教授。

ファンド対象事業内容

2015年度の製造年度に購入する岩手県産の酒造好適米「ぎんおとめ」、「吟ぎんが」、「結の香」を使用し、「大吟醸」「特別純米酒」、「純米吟醸」、「純米吟醸 吟ぎんが」、「純米大吟醸 結の香」を製造します。本商品は、卸会社を通じて、日本国内および海外への販売を行います。

なお、事業計画上の売上およびその実現施策、事業計画時の分配金額等については「プロジェクト概要 分配シミュレーション」ページをご覧ください。

資金使途

ファンド資金は、以下の内容にて使わせていただきます。

投資家特典

(1)1口につき1回、以下の3本の製品をお届けします。

・出資者限定純米大吟醸(1.8L)1本(5,000円相当)
・特別純米酒(720ml)1本(1,400円相当)
・糖類無添加梅酒(720ml)1本(1,700円相当)
 
(注1) 特典は、営業者の都合により内容が変更される場合や、実施ができなくなる場合もございます。
(注2) 上記純米酒を金額換算した場合、約9,000円(送料込み)となります。
(注3) 特典送付の時期につきましては、2016年2月ごろを予定しております。
(注4) 出資者のご事情により特典が届かなかった場合には、再送できない可能性がございます。
(注5) 海外への発送はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。

(2)蔵見学会へのご招待

蔵見学および利き酒が楽しめる会を開催いたします。
(注1) 蔵見学会の開催日時については、別途ご連絡させて頂きます。
(注2) 参加希望者多数の場合には抽選となります。何卒ご容赦ください。
(注3) 蔵見学会への参加に伴う交流会会費、交通費、宿泊費等は、参加者様のご負担となります。

 Facebookで
シェア
  Twitterで
ツイート

セキュリテ
  • 目標金額 
    12,800,000
  • スポンサー募集終了まで 
    終了しました

¥52,850 の支援

 (内訳:出資金50,000円 取扱手数料2,850円)
(上限口数:20口)

クラウドモンスターは検索やランキングで
クラウドファンディングプロジェクトをご紹介 プロジェクト掲載・プレス等についてはコチラ


セキュリテへ