295

劇作家岸井大輔の初個展「戯曲は作品である」の記録集を作りたい!

 295

【1】このプロジェクトについて(概要)

劇作家の岸井大輔です。私の個展が以下のように京都で開催されています。1995年から2015年に書かれた代表作が展示される展覧会の記録集(本)作成に向けた印刷費をご支援いただきたくこのMakuakeのプロジェクトを立ち上げました。

タイトル: 岸井大輔個展「戯曲は作品である」 

アーティスト: 岸井大輔(劇作家)

会期: 2015年6月13日(土)〜7月5日(日)

時間: 平日 13:00〜19:00/土日祝 12:30〜19:00

   毎日19:30-戯曲の上演などイベント

会場: ARTZONE http://artzone.jp/

《関連イベント》

戯曲は作品であるトークセッション1
陸奥賢×鈴木一郎太×岸井大輔
「社会や生活の中で可能性を試しながら生きてみている」
2015年6月15日 19:30
https://www.facebook.com/events/997042386973702/

戯曲は作品であるトークセッション2
柴幸男×岸井大輔
「劇作家は作家なのか」
2015年6月17日 19:30
https://www.facebook.com/events/857593950973788/

戯曲は作品であるトークセッション3
黒瀬陽平×岸井大輔
「戯曲は作品なのか」
2015年6月18日 19:30
https://www.facebook.com/events/115185125481271/

その他《関連イベント》のゲスト・参加者 / 梅津庸一(美術家)、澄井 葵、安藤裕美(パープルーム予備校研究生)、渡辺美帆子(二十二会)、陸奥 賢(観光家・社会実験者)、鈴木一郎太(株式会社大と小とレフ)、柴 幸男(劇作家・ままごと主宰)、黒瀬陽平(美術家・美術評論家・カオス*ラウンジ代表)、羽鳥嘉郎、伊藤 悠(islandJAPAN代表)、伊藤拓也、西岡樹里、新田あけみ、前田愛美、吉野正哲(マイアミ)、MOGURA KAGURA、大蔵キエ、二十二会(渡辺美帆子+遠藤麻衣)、谷 竜一(集団:歩行訓練)、始末をかくプロジェクトメンバー(遠藤麻衣、田上 碧、武久絵里、橋本 匠)

 

主催: 京都造形芸術大学 ARTZONE

協力: 京都造形芸術大学 アートプロデュース学科

キュレーター: 堤 拓也

 

【2】自己紹介/これまでの活動

岸井大輔は、常に演劇の新しい可能性を地味に切り開いてきた劇作家です。劇場の外に出たり、ワークショップやレクチャーを演劇作品として提示したりしてきました。

今回のプロジェクトを立ち上げるにあたり今まで実施してきたイベントを整理してリストを作りました。

(Excelのファイルをこのページで共有するのは難しいので、キャプチャー画像でご紹介します。)

2014年では60回を超えるトークイベント、24回の講座、その他読書会や上演など様々な形式のイベント合わせると140回のイベントを行いました。開催場所も日本全国に広がっていて、東京を中心とした関東で49回、大阪や京都など関西では27回、静岡や愛知県を中心とした中部地方では38回、その他にも東北や九州や中国地方で26回となりました。

イベントにはアートやまちづくりほか様々な分野のゲストをお呼びしました。まわしよみ新聞などが大ブレイク中の「社会実験者」陸奥賢さん、生活の中にアーティストがある新たな可能性を問い始めた株式会社大と小とレフ「取締役」鈴木一郎太さん、美術評論家の黒瀬陽平さんとは6月13日からの個展でもトークセッションを行います。その他、建築家の延藤安弘さん、アーティストの眞島竜男さん、ゲームクリエイターの米光一成さん、悪魔のしるしの危口統之さん、空想地図で書籍や各種メディアで活動されている地理人こと今和泉隆行さん他、ここではご紹介しきれない71名の方にご協力いただきました。

会議や政治、行政や企業のあり方を、ライブや劇団をみるように「面白いかどうか、かっこいいかどうか」で捉える作風は、多くの公的なプロジェクトや芸術と縁の薄い領域でのプロジェクトを生み出してきました。

 

【3】集まったお金の使い途

今回の展示は、上演や記録映像ではなく戯曲の展示によって行われます。 

※戯曲は岸井作品の精髄です。私は、プロジェクトの企画書や指示書、宣伝やステートメントといった、人間集団が行動する前につくるテキストを全て「戯曲」と称しています。

今まで、岸井の作品は、プロジェクトが行われている現場、上演されている現場でみれば非常にわかりやすいが、遠くに伝えることが困難とされてきました。

また、発表した当時は先鋭的すぎて受け入れられないようですが、シンプルでユーモアあふれる表現は、発表の場に立ち会った人たちに強い印象を残してきましたが評価されるときには肝心の戯曲が参照できなくなっていることが多いのです。

今回は、岸井戯曲を展示でまとめ、距離や時間を越えて遠くに届ける方法の実験をします。この実験は今まで行われたことがないものです。記録としてまとめることで、実験で試みるよりも遠くに届くことができるかもしれません。展覧会の記録と言えば、図録です。そこで図録を製作したいのですが、お金がありません。

今回の展覧会の図録では、展示される戯曲が全て収録される予定です。さらに、展示用に作成された立体物による戯曲群の写真や図面なども収録予定です。また、実施されるイベントの記録も掲載されます。

リターンとしては記録集そのもの、トークイベントやワークショップの回数券、入場券のほか、新作の上演そのものもご用意しました。2018年までご使用いただけます。

※画像は2012年に製作した「戯曲 東京の条件」表紙です。

 

【4】プロジェクトへの想い

演劇表現の範囲が拡張される中、ほかの文学とは異なる性格をもつ、戯曲そのものの展覧会はこれから多く開催されるでしょう。人間がやることで意味をもつ戯曲は、ワークショップやまちづくりなどの現実の集団を面白くツールとして広く共有されていくでしょうが、そのはじまりの展覧会が、今回です。未来に価値が出てくることまちがいなしのこの記録集をぜひ作りたいです。

ご支援、よろしくお願いします。

 

 

 Facebookで
シェア
  Twitterで
ツイート

Makuake
  • 目標金額 
    400,000
  • スポンサー募集終了まで 
    終了しました

¥3,000 の支援

【限定500名様】完成した記録集「戯曲は作品である」サイン入り
【限定500名様】
■記録集「戯曲は作品である」 1冊(サイン入り)

今回のクラウドファウンディングで作成し完成した本を、著者岸井大輔のサイン入りでお送りします。

※画像は2012年に製作した「戯曲 東京の条件」表紙です。

¥10,000 の支援

岸井のあらゆるイベントで使える回数券10000円分+記録集「戯曲は作品である」
【限定40名様】
■回数券 10,000円分
■記録集「戯曲は作品である」 1冊

年に100回以上のイベントを行っている岸井大輔のあらゆるトークイベント、作品発表で使用可能な回数券です。まちづくり、演劇、アートなど、人間の個性をつなぐイベントが多いのが特徴。(詳しくはhttp://kishiidaisukenews.tumblr.com/)500円×20枚。2018年12月まで使用可

¥20,000 の支援

【限定40名様】岸井の任意のイベントの映像・録音など2万円分と完成した本
【限定40名様】
■イベントの映像・録音など2万円分
■記録集「戯曲は作品である」 1冊

日本中で(昨年は新潟から熊本まで30以上の都市で開催)行われている岸井のトークやワークショップの録画・録音でご希望いただいたもの2万円分(詳しくはhttp://kishiidaisukenews.tumblr.com/)の録音・録画がもらえる回数券
+完成した書籍。
*出演者の都合などによりイベントによっては録音や録画をお送りできないことがあります。あらかじめご了承ください。
2018年12月まで使用可能。

¥50,000 の支援

【限定1名様】司会+完成した本
【限定1名様】
■司会をやります
■記録集「戯曲は作品である」 1冊

国内におけるあらゆる会で司会をします。対立した立場の人をまとめる会議や、会議で発言しない人やモチベーションがよくわからない人とコトを進める会議にすることができます。(詳しくはhttp://kishiidaisukenews.tumblr.com/参照)
*交通費実費は別途いただきます。日程などは別途、ご相談させていただきます。本は完成次第郵送、司会の日程は期間内で相談させていただきます。

¥50,000 の支援

【限定1名様】2時間以上のトークイベント開催+完成した本
【限定1名様】
■2時間以上のトークイベント開催
■記録集「戯曲は作品である」 1冊

国内での岸井のトークイベント開催。
全国のさまざまな現場と関わり、現場で見聞きし、また、実行してきた岸井ならではのリアリティーのあるまちづくりの話や、演劇を中心にさまざまなアートジャンルを考察し創作を重ねてきた岸井だからこそできる広範な芸術や哲学のレクチャーができます。(詳しい例はhttp://kishiidaisukenews.tumblr.com/)
*交通費実費は別途いただきます。本は完成次第お送り致します。日程などは相談させてください。

¥100,000 の支援

【限定1名様】ワークショップもしくはイベントの企画開催+完成した本
【限定1名様】
■ワークショップもしくはイベントの企画開催
■記録集「戯曲は作品である」 1冊


国内で3日以内のワークショップを支援者とともに企画・実施します。そこに集まった人が主体的にやりたいことが組み合わさってコトがおきるメソッドの実施や、参加者とともにまちの資源を発掘して形にするイベントの実施を行います。(詳しくはhttp://www.kishiidaisuke.com/#!ongoing/c6hv)
*交通費実費は別途いただきます。本は完成次第お送り致します。日程などは相談させてください。

¥300,000 の支援

【限定1名様】新作戯曲執筆+完成した本
【限定1名様】
■新作戯曲執筆
■記録集「戯曲は作品である」 1冊

支援者と相談の上、新作戯曲を執筆します。(作品例 http://www.kishiidaisuke.com/#!dramas/c6fp)

写真は2014年に製作された油彩画家が油彩を描くための戯曲集です。
人間のあらゆる行為のための戯曲を執筆します。ご依頼いただいてから調査をし、執筆します。

*交通費実費は別途いただきます。本は完成次第お送り致します。日程などは相談させてください。

¥500,000 の支援

【限定1名様】新作上演+完成した本
【限定1名様】
■新作上演
■記録集「戯曲は作品である」 1冊

3ヶ月以上の製作期間で支援者とともに新作を製作し、上演します。(作品例 http://www.kishiidaisuke.com/#!dramas/c6fp)

岸井の作品は、拠点形成、教育プログラム、書籍など多岐にわたります。依頼したいことがあるが漠然としている、などという場合も、まずはご相談ください。

*交通費実費は別途いただきます。本は完成次第お送り致します。日程などは相談させてください。

クラウドモンスターは検索やランキングで
クラウドファンディングプロジェクトをご紹介 プロジェクト掲載・プレス等についてはコチラ


Makuakeへ