355

西遊記×桃太郎?! 二年かけ準備した渾身の舞台を届けたい!

 355

このプロジェクトについて

TEAM空想笑年による、第四回公演「MonkeyMagic」を

今年8月中目黒キンケロ・シアターにて上演!

 

皆様はじめまして!役者・脚本・演出家として活動している、TEAM空想笑年代表の武石創太郎と申します。2013年8月に同劇団を旗揚げ、過去三回の公演を行ってきました。「勢いではなくしっかりと準備をし、20年30年と続いていける劇団を創る」という考えのもと、舞台セットから衣装、小道具に至るまで自分たちで作り、ベストアクトになる事を目指し、全ての役者が稽古に勤しんでいます。そして今夏、一切の妥協をせずに細かいところまで拘り抜き、準備を進めてきた第四回公演を上演します!

 

もちろん、お金があれば、面白くなるわけではありません。しかし、どうしても劇場費が高額になりやすく、ここをいかに突破出来るかが小劇団の成長の分かれ目だとも言われています。

 

今回は劇場費100万円のうち50万円をご支援頂けたらと考えています。空想笑年の全精力を賭けて行うこの公演費用の一部に、力をお貸しください。

 

(台本読み合わせ風景)

 

 

劇団立ち上げを目指したのは二十歳のとき

「何を言ってるんだ、お前には無理だ」と言われることもありました

 

17歳の時に芸能事務所に所属し、映画やドラマの俳優として芸能界に入りました。初舞台や映画出演を経験しましたが、高校を卒業した時には、手帳が真っ白の状態が続き、毎晩不安に襲われるような日々もありました。そして、やっと人生で二度目の舞台出演をきっかけに、舞台での仕事をもらえるようになりました。いつしか自分の中で「面白い舞台を創りたい」という気持ちが芽生えるように。劇団立ち上げを決意し、芸能事務所を退職。当時20歳。「何を言ってるんだ、お前には無理だ」と言われることもありました。しかし周りに支えられ、2008年にプレ公演を上演するまでに至ることができました。

 

 

TEAM空想笑年の誕生

演劇は個にならず、輪で創るチーム!あえて劇団と名付けなかった

 

勢いではなく、しっかりと準備をし、より確実に、よりよいメンバーを集め、20年30年と続いていける劇団をつくろうと考え、「個にならず、輪で創る」をモットーに「TEAM空想笑年(くうそうしょうねん)」という劇団名に決めました。名前の由来は、人は誰しも空想少年(少女)だった頃がある、僕自身、昔は空想の世界でたくさん遊んでいた、その世界を現実に表現しようという考えと、演劇は「娯楽」の分野であり、そこには必ず「笑い」が必要だという考えを合わせて名付けました。

 

(TEAM空想笑年旗揚げ・現メンバー)

 

 

劇団の作品テーマ「期待に応えて予想を裏切る」

 

複雑になりやすい人間心理なども出来る限りブラッシュアップし、観ているお客さんの呼吸に合わせたシーン展開を心掛けています。そして劇団の作品テーマに「期待に応えて予想を裏切る」を掲げており、観る人だれもが期待する展開に応えつつ、その予想をあえて裏切り、あっと驚くエンディングや、馴染みのある題材も今までとは違った切り口で表現しています。

 

 

過去三回のプレ公演を経て劇団を旗揚げ

演劇の世界のタブーにも挑戦

 

2009年プレ公演で上演した、初の作演出作品では全公演ほぼ満席。そして2012年の最後のプレ公演「ALICE」では、不思議の国のアリスの世界を独自の視点でとらえ、舞台上に大きな絵本を創り、それがめくられることでシーンが変わるという大掛かりな装置や、衣装にもとことん拘って作品の世界観を作り上げました。

 

2013年、三本のプレ公演を経て、信頼できるメンバーを増やし、満を持して旗揚げ公演を行いました。第二回公演「BackStage」では、実際の舞台セットをお客さんの目の前で組み立てるという、演劇の世界ではほとんどやられたことのないある意味「タブー」にあえて挑戦。結果はリピーターのお客さんが現れるほどの大好評となり、上演台本やDVDの販売も好調なほど、空想笑年の大ヒット作となりました。

 

(2012年「ALICE」パンフレット)

 

 

二年間をかけて作り上げ、ベストアクトを追求する!

作品のクオリティを限界ギリギリまで上げた公演

 

僕たちは、舞台セットから衣装、小道具に至るまで出来る限り自分たちの手で創ることを心掛けています。それは舞台上に存在する小さなものにまで、全てに愛情を持つことが出来るから。そして、空想笑年の公演は、最低でも必ず二年の時間をかけます。これによって劇団としてのモチベーションの維持、作品のクオリティを限界ギリギリまで上げることが出来るのです。

 

(舞台セット製作の様子)

(「MonkeyMagic」稽古風景)

(「MonkeyMagic」稽古風景)

 

 

TEAM空想笑年第四回公演「MonkeyMagic」詳細

 

■ 開催日時:2015年8月20日~23日

■ 開催場所:中目黒キンケロ・シアター

http://kinkero-theater.com/access.html)

■ あらすじ:☆西遊記×桃太郎×空想笑年☆

三蔵法師と共に、天竺を目指す孫悟空。突然現れた釈迦如来の力によって飛ばされた先は・・・なんと桃太郎の世界だった!桃太郎の家来として、鬼ヶ島を目指す猿(孫悟空)。そこで待っているのは・・・牛魔王だった!!さらにはそこに、一寸じゃない一寸法師や、オカマの金角と銀角、花咲爺さんに猿カニ合戦まで加わって大騒ぎ!!果たして孫悟空は、無事に「4つの物語」を完結させることが出来るのか!?誰もが知っている、でも誰も見たことがない。

 

 

 

ご支援金の使途について

 

劇場費100万円の一部に充てさせていただきます。劇場費を賄うことが出来れば、その分他の設備やセクションに投資することが出来るようになり、例えば照明機材を増やせたりムービング設備を設置出来たり、より良いスピーカーや、衣装・小道具・舞台セット等のクオリティも上げることが可能になります。音響や照明スタッフへもしっかりとした報酬を払うことも可能になります。

 

 

小劇場の世界には沢山の夢と可能性が広がっている

 

舞台演劇の世界は認識はされていても、実際に足を運んだことのある方は意外と少ないのではないでしょうか。都心の大きな劇場での公演ならまだしも、いわゆる小劇場という世界は、まだまだ認知度も信頼度も、決して高いとは言えません。

 

しかし僕は、この小劇場の世界には沢山の夢と可能性が広がっていると思っています。テレビやスクリーンの向う側ではない僕たちだからこそ出来ることが、この小劇場の世界には存在していると思います。どことなく敷居が高く感じられたりしがちな演劇の世界ですが、僕は将来的にもっともっと演劇が日々の中に浸透し、広く一般化され、誰でも気軽に見に行けるような価値観のものになっていって欲しいと思っています。デートの定番である、映画やカラオケ、ドライブの中に、「観劇」が入る日を目指し、小劇場界を変えてゆきたいと本気で思っています。

 

 

引換券について

 

・Thanks letter

・ご協力頂いた方のお名前を、公演パンフレットに記載

・過去公演DVDボックス(非売品含む)

・「MonkeyMagic」販売DVDプレゼント(数量限定)

・今作品含む、以降全作品のフリーパス券(数量限定)

 

 

TEAM空想笑年について

 

HP:http://imagineboywebsite.wix.com/teamimagineboy

 

 

 

 

 Facebookで
シェア
  Twitterで
ツイート

READYFOR?
  • 目標金額 
    500,000
  • スポンサー募集終了まで 
    終了しました

¥2,980 の支援

■ thank you letter
■ 公演パンフレットにお名前記載

¥10,000 の支援

■ thank you letter
■ 公演パンフレットにお名前記載
■「MonkeyMagic」公演DVD(完成後お届け)

¥30,000 の支援

■ thank you letter
■ 公演パンフレットにお名前記載
■「MonkeyMagic」公演DVD
 (完成後お届け・武石創太郎サイン付)
■ 【READYFOR限定!!】
 過去公演DVD-BOX(非売品・プレ公演含む)

¥100,000 の支援

■ 30,000円の引換券に加えて、
■ 【READYFOR限定!!】
 今作品含む、第10回公演までのフリーパス券

¥200,000 の支援

■ 30,000円の引換券に加えて、
■ 【READYFOR限定!!】
 今作品含む、今後の全公演フリーパス券

クラウドモンスターは検索やランキングで
クラウドファンディングプロジェクトをご紹介 プロジェクト掲載・プレス等についてはコチラ


READYFOR?へ