319

比内地鶏の旨味と、やわらかな風味が凝縮されたきりたんぽ鍋を!

 319

秋田 本場大館きりたんぽ鍋ファンド2

秋田の郷土料理として、全国的に愛されるきりたんぽ鍋。
秋田活性化株式会社は、きりたんぽ鍋の本場として知られる秋田県大館市の味をご家庭で気軽に愉しんでもらいたいという想いから、大館市の方々と共同で試作を繰り返しながら、舌の肥えた大館市民も唸るきりたんぽ鍋セット「本場大館きりたんぽ玉手箱」の開発に成功しました。
「本場大館きりたんぽ玉手箱」を全国のご家庭へお届けするため、原材料費を募集して増産および販売拡大を目指す、大人気ファンドの第2弾です。

第1弾ファンド(募集金額300万円、会計期間2014/8/1-2015/3/31)の償還結果はこちらからご覧ください。

本ファンド対象事業の魅力

本場の味を作り出すのは、きりたんぽ専用だしと厳選された食材
「本場大館きりたんぽ玉手箱」には、比内地鶏のガラを弱火で煮込み、黄色い鶏脂がたっぷり浮いた濃厚な味が特徴の専用だし「郷味(さとみ)」を使用しています。本場大館きりたんぽまつり実行委員会が500名以上の大館市民と何度も試作と試食を重ね、本場大館の人たちが求めた味を作り上げました。既に地元の家庭でも広く食されており、比内地鶏の旨味と、やわらかな風味が凝縮された逸品に仕上がっています。



「本場大館きりたんぽまつり」の様子

本場大館きりたんぽまつりの詳細はこちら

具材も秋田県産に徹底的にこだわり、きりたんぽの原料となるお米は100%秋田県産あきたこまち、比内地鶏はもちろん本場大館産を100%使用しています。


舞茸・ゴボウ、セリは乾燥野菜、ねぎは食味と食感を重要視したフリーズドライ製法にてご提供。糸こんにゃくも厳選した素材を丁寧に作り上げた商品を使用しています。


これらの食材をワンパックにまとめ、食材の買い足しが不要で、お手元に商品が届いてから約10分ほど具材を煮込んで頂ければ召し上がれるお手軽なセット内容に仕上がっております。

「本場大館きりたんぽ玉手箱」と「秋田こまち米(1キロ)」をお届け。お楽しみに。


本場・大館市の方々お墨付商品の製造量を拡大させるためのファンドです。
「本場大館きりたんぽ玉手箱」は、商品開発の段階で何度も何度も試食会を繰り返し、舌の肥えた大館市民にもご納得頂ける商品に仕上がりました。大館市の方々のご協力があってようやく完成した本場のお墨付き商品です。前回のファンドに引き続き、本場が認めたこの商品の製造量を増加させ、もっと多くのご家庭に届けるために必要な原材料購入費用を本ファンドで募集致します。
ぜひ、みなさまのご参加お待ちしております。


「試食会の様子」
 

営業者紹介

秋田活性化株式会社
2004年1月29日 設立。
秋田県は年間10,000人の人口が減っています。少子高齢化、中心商店街の空洞化が益々顕著になる中、郊外には中央資本のスーパーなどが立ち並び、お金はますます中央に吸われていくばかりのように思え、やりきれない思いがありました。
一方、ニュースを見ると地方分権が叫ばれながら、中央集権的支配体制は変わらぬように思え、「これから地方が生きる道はあるのか?」と行く末の不安を感じておりました。

2003年、日本青年会議所秋田ブロック協議会主催で行った「あきたの真価探求」。
秋田には何があるんだろう?秋田にはどんな人がいるんだろう?取材を重ねた結果見えて来たものは「こんなにすばらしいものがある」ということばかりでした。
そして、「こんなにすばらしい」素材を如何に活性化につなげられるのかをテーマにしたフォーラムを開催したのをきっかけに、秋田を活性化させるプランの雛形が出来上がり、実行組織が必要になりました。プランを形にするため県内各地の有志85名が株主となり、資本金7,250万円で作り上げたのが「秋田活性化株式会社」です。

参考ウェブサイト
会社ウェブサイト

代表者紹介

代表取締役 日景 賢悟

昭和44年生まれ
秋田県立大館鳳鳴高等学校、青山学院大学経済学部卒業。
株式会社なまはげ取締役およびおおだて映像計画有限責任事業組合代表組合員 兼務
社団法人大館青年会議所 2008年度(第51代)理事長(平成21年12月卒業)
釈迦内小学校 前PTA会長(平成22年4月〜25年3月まで)
大館市立 第ニ中学校 前PTA会長
釈迦内地区まちづくり協議会 理事
「釈迦内サンフラワープロジェクト実行委員会」実行委員長
2012年度 地域づくり総務大臣表彰受賞 など
大館商工会議所 1号議員

代表者メッセージ
弊社は、秋田の経済活性を願う県内の株主による会社で、主に秋田の食材や伝統工芸品などの卸と小売をしております。
子会社の株式会社なまはげは「AKITA DINING なまはげ」ブランドの飲食店を銀座と仙台に構え、秋田の美味しい食を全国の皆様にお届けしております。

今回の企画は、きりたんぽ鍋の本場である秋田県大館市の「本場大館きりたんぽまつり実行委員会」と共同で、本場の味をそのまま全国の皆様にお届けできる土産品を開発しようと、素材を厳選し、大館市民の皆様の試食会を幾度となく開催し、ようやく地元からお墨付きをいただいた商品を販売出来る運びとなりました。

その名も「本場大館きりたんぽ玉手箱」。
開発コンセプトは「本場の味を〜いつでも・どこでも・10分で〜」。
お土産品にも関わらず、本場が認める味に仕上げました。
蓋を開けると具材がどんどん出てくる玉手箱のように、全ての具材をワンパッケージにしましたので、野菜や肉を買い足す手間もなく、誰でも、簡単に、10分で本場の味を楽しむことが出来ます。

また、お土産やご贈答にも自信を持ってお買い求め出来るよう、今だかつてない洗練されたデザインを採用し、高級感を演出しましたので、秋田の手土産として、お世話になっている方へのお中元やお歳暮として、その他あらゆる場面で御利用いただければ開発者としてこの上ない幸せです。
「家で食べるきりたんぽとおんなじ味だ!」とびっくりした顔の大館市民が、今度は全国の皆様に「めーがら食べでけれ!」という商品になることを願いながら、万を持してこの玉手箱をお届けします。
 

ファンド対象事業内容

本匿名組合事業の概要は、出資金を用いて営業者が行うきりたんぽ鍋セット「本場大館きりたんぽ玉手箱」の製造および販売事業のことであり、本匿名組合事業の成果をもって、損益の分配および出資金の返還を行います。

なお、事業計画上の売上およびその実現施策、事業計画時の分配金額等については「プロジェクト概要 分配シミュレーション」ページをご覧ください。

 

資金使途

ファンド資金は、以下の内容にて使わせていただきます。

投資家特典

・1口につき、「本場大館きりたんぽ玉手箱(2人前)」および秋田こまち米1キロ(送料込み4,200円相当)を契約期間中に1回ご送付
・1口につき、「AKITA DININGなまはげ(銀座店、仙台店)」にてご利用頂けるお食事券2,000円相当を契約期間中に1回ご贈呈

「AKITA DINING なまはげ」

なまはげ銀座店
なまはげ仙台店
 
(注1) お申込口数の状況を確認の上、複数口数お申込の場合に、複数回に分けてお届け する場合もございます。
(注2) 海外への発送はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
(注3) 特典の詳細につきましては、契約期間中、別途ご連絡いたします。
(注4) 発送時期につきましては、契約期間中、別途ご連絡いたします。
(注5) 特典は、営業者の都合により内容が変更される場合や、実施ができなくなる場合 もあることをご留意ください。

 Facebookで
シェア
  Twitterで
ツイート

セキュリテ
  • 目標金額 
    4,200,000
  • スポンサー募集終了まで 
    終了しました

¥21,140 の支援

 (内訳:出資金20,000円 取扱手数料1,140円)
(上限口数:50口)

クラウドモンスターは検索やランキングで
クラウドファンディングプロジェクトをご紹介 プロジェクト掲載・プレス等についてはコチラ


セキュリテへ