1073

近江 竹内酒造「香の泉」ファンド

 1073

近江 竹内酒造「香の泉」ファンド

竹内酒造は明治5年(1872年)に創業し、140年の歴史をもち、「香の泉(かのいづみ)」、「唯々(ただただ)」を代表銘柄とする滋賀県の酒蔵です。 本ファンドでは名杜氏「農口氏」の元で修業した新杜氏を迎え入れ、地元酒米で醸す純米酒の比率および県外の販売比率を高めていくことで、売上拡大を図るために必要な酒米の購入費用を募集します。出資者の方には、1口あたり5,500円相当(送料・特典込)の純米酒および蔵グッズを贈呈します。

本ファンド対象事業の魅力

明治時代から宿場町に立ち寄る旅人たちに愛されたお酒

竹内酒造は明治5年(1872年)に滋賀県の「石部」という宿場町で創業しました。「石部」は東海道五十三次の51番目の宿場町であり、京都から江戸へ向けて発つときに一番初めに立ち寄る町として栄えました。その石部で旅人たちに人気があったのがお酒でした。行く先々で様々な酒を飲み比べた彼らがこの地酒を誉めたたえたため、人伝いに評判になり、いつしか酒を求めて人が集まるようになったと言われています。そして、一度飲んだ人はあまりにも美味なる酒ゆえに、他人には知らせたくないと思い、口をつぐむようになりました。 評判のそのお酒を尋ねても誰も知らないと言うこのお酒は、いつしか「語らずの酒」と呼ばれるようになったと言います。

代表銘柄は「香の泉」と「唯々」。「香の泉」は香りが良く綺麗なお酒という酒名の由来通り、飲みやすくのど越しの良さが特徴の地元の方に愛されているお酒です。

一方、全国の日本酒ファンのために近年開発したのが「唯々」。近江のお米にこだわり、純米ならではのただただ美味しいお酒を目指しています。雑味がなく綺麗なお酒でありながら旨みがあり、冷やでよし、燗でよしのお酒です。

■銘柄紹介

香の泉「唯醸」
デリケートな吟醸造りを山田錦100%の純米にて表現し、冷やして飲まれることを前提に口当たりの、のどごしの良さを追求した逸品です。優しい口当たりは、女性の方にもおすすめです。

香の泉「太陽と大地のしずく」
太陽の陽射しと大地の恵を存分に受けた滋賀県産吟吹雪を100%使用して醸し出した純米吟醸酒。 フルーティな吟醸香と米の旨味を存分にお楽しみいただける逸品です。

「特別純米酒」
滋賀県産玉栄使用。やわらかさと奥深さが特徴。
おだやかで品のある香りと玉栄の旨みが食事をひきたててくれる逸品。

「純米吟醸酒」
玉栄と山田錦のDNAを受け継いだ滋賀県産吟吹雪を使用。ほんのり爽やかな香りと落ち着いた旨みが特徴。 口当たりは柔らかくただただ何杯でも飲めてしまう逸品。

美味しさの秘訣は、「比叡おろし」と鈴鹿山麓の伏流水

「語らずの酒」と言わしめたものは何か。それは石部の土地が、酒づくりに適した環境であったことに起因していると言えます。
近江の国はかつて京の米櫃と言われたように、肥沃な土壌を持ち、比叡山から吹きおろす「比叡おろし」の寒気が極上のお米を育てます。また、鈴鹿山麓から通ずる豊かな伏流水があり、この近江の地はお酒造りに適した条件をかつてより備えておりました。
全国で10番目に面積が小さく、琵琶湖が全面積の約6分の1を占めているにも関わらず、今もなお多くの酒蔵が存在しています。
特に竹内酒造のある旧甲賀郡(現在の甲賀市、湖南市)では地酒志向が圧倒的に強く、多数ある蔵元のなかでも竹内酒造のシェアはトップクラスを誇っています。
竹内酒造はこの自然の恵みを存分に頂きながら、高品質な酒づくりを目指しています。

能登杜氏の頂点「農口氏」の愛弟子を迎えて行う新たな挑戦

「現代の名工」農口尚彦氏

農口尚彦氏は、厚生労働大臣による卓越した技能者表彰制度である「現代の名工」にも選定され、NHK(「プロフェッショナル 仕事の流儀」)をはじめ多くのメディアで紹介されている名杜氏の一人です。伝統的な山廃仕込みを受け継ぐ技能者であり、鹿野酒造時代の「常きげん」は熱烈なファンも多く、農口杜氏のつくるお酒は全て完売するという逸話もあります。

竹内酒造では、昨年度までの杜氏が高齢で引退したため、今年度よりその農口尚彦氏の下で6年間、腕を磨いた能登杜氏の中村尚人氏(35)を迎え入れます。さらに、蔵人6人のうち3人の顔ぶれが一新し、平均年齢は一気に30代へと若返ります。

したがって、今年は明治5年創業の伝統ある蔵にとって「挑戦」の年となります。今後は、地元の酒米で醸した純米酒の比率を増やすと共に県外にも営業を拡大することで売上拡大を伸ばします。

新酒の出来は上々であり、取引先の地酒専門店の感触も良好。「既に何件か関心を示している」と武石社長は手応えを感じています。


農口杜氏の指導の下、新酒の仕込みを行う中村杜氏

また、昨年度より関西を基盤に県外で営業する専任の担当者を置き、地酒専門店や飲食店を中心に浸透を図っています。現在、出荷先の比率は県内75%、県外25%程度ですが、効果は表れ始めており、昨年度は途中で販売するお酒がなくなってしまうという機会損失が起こりました。今年度は本ファンド資金により酒米を購入し、昨年度より生産量を約1,000石から2割程度増やす計画です。

営業者紹介

竹内酒造株式会社

創業明治五年。清酒「香の泉」は豊かな自然と人情あふれる宿場の街・石部で生まれ、近江の地酒として親しまれてきました。人と自然の調和のなかで伝統を守り抜き、蔵人の魂までも注ぎ込んだ本物の酒こそ、人の心と語り合える友としての「うまい酒」と信じ、一本一本心を込めて造り続けています。

会社ウェブサイト
ブログ
Facebook
Twitter

代表者紹介

杜氏:中村尚人(35)

(後列中央)

26歳のときに農口杜氏の著書「魂の酒」を読んで感動して弟子入り。農口杜氏の下で6年修業し、今年度より竹内酒造の酒づくりに参画。伝統の酒に新たな風を吹き込みます。

メッセージ
竹内酒造の酒には「きれいな酒」という印象があります。そのブランドイメージを継承しつつ、新たに旨みや力強さも出していきたいと思っています。食事に合うもの、香りが華やかなものなどの造り分けにも取り組み、新たな「香の泉」、「唯々」を作っていきたいと思います。

ファンド対象事業内容

本匿名組合契約に基づき、営業者が行う清酒の製造・販売事業のことをいいます。
なお、事業計画上の売上およびその実現施策、事業計画時の分配金額等については「プロジェクト概要 分配シミュレーション」ページをご覧ください。

資金使途

ファンド資金は、以下の内容にて使わせていただきます。

投資家特典


1口につき地元酒米で醸した純米酒1本(香の泉)(1,800ml)と「銘柄」がプリントされた通い袋を会計期間中1回送付。(送料・税込5,500円相当)
特典の発送時期は2016年6月~8月を予定しています。
2口以上ご出資頂いた場合は、複数回に分けて送付致します。
例)3口ご出資頂いた場合、3年間に渡ってその年にできたお酒を毎年1本ずつ送付致します。

(注1) 海外への発送はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
(注2) 特典の詳細につきましては、契約期間中、別途ご連絡いたします。
(注3) 特典は、営業者の都合により内容が変更される場合や、実施ができなくなる場合もあることをご留意ください。

 Facebookで
シェア
  Twitterで
ツイート

セキュリテ
  • 目標金額 
    20,010,000
  • スポンサー募集終了まで 
    終了しました

¥31,710 の支援

 (内訳:出資金30,000円 取扱手数料1,710円)
(上限口数:50口)

クラウドモンスターは検索やランキングで
クラウドファンディングプロジェクトをご紹介 プロジェクト掲載・プレス等についてはコチラ


セキュリテへ