272

大和いかるがの里 ニシキ醤油ファンド

 272

大和いかるがの里 ニシキ醤油ファンド

奈良のご当地醤油としてこだわりの醸造を続けているニシキ醤油株式会社の新商品開発を応援するファンドです。明治33年に創業し、今日まで4代に渡って醤油醸造に専念してきました。「昔ながらの醤油づくり」と「近代的製法」を取り入れた革新性と、天然の「冷泉」と「ニシキ酵母菌」により醸し出される醤油は、香り高く全国醤油品評会で優秀賞を受賞する等高い評価を得ています。

本ファンド対象事業の魅力

伝統と最新の技術を生かした醸造

ニシキ醤油は、明治33年(1900年)に創業し、世界で一番古い木造建築「法隆寺」のある斑鳩町(いかるがちょう)にあります。4代にわたり醤油醸造に専念しています。



ニシキ醤油の製法の特徴は、「昔ながらの醤油造り」と「近代的製法」の両方を取り入れていることです。
醤油の仕込み過程においては、伝統的な造り方を大切にしています。
醤油は、醸造の過程で酵母菌が活動・分裂を繰り返し活性し続けることで、独特の旨味が生まれるのですが、これは機械的に行えるものではなく、充分な月日が必要です。


原料は非遺伝子組み換え食品を使用



一方で、麹室や発酵タンク、自動充填包装設備などの、近代的な設備機器や除菌技術を導入しています。醤油の風味を損ねないよう、醤油造りの肝となる部分はそのままに、製造効率を高める設備増強を行っています。




経済性が高く衛生的な大手メーカーの手法と、じっくり時間をかけて旨さを醸造させる昔ながらの製造法、それぞれの良い部分を活かしているのがニシキ醤油の製法です。



ミネラル豊富で澄んだ栄養豊かな天然の「冷泉」を使用

醸造に使用している仕込み水は斑鳩町五百井の蔵の敷地内から良質の地下水を汲み上げています。「五百井(いおい)」という地名は、かの弘法大師が五百番目に掘ったと言われる井戸があることに由来しています。天然の「冷泉(摂氏25度未満の水が湧き出す鉱泉)」です。ミネラル豊富で澄んだ栄養豊かな水は、酵母を活性化させて発酵を促し、独特の旨味や色を生み出します。

真に求める味を追求した「ニシキ酵母菌」を確立

同じ時に同じ仕込み方をしても、蔵によって醤油の風味が違うのは、それぞれの蔵に住み着いている「蔵つき酵母」の癖があるからです。
ニシキ醤油では、自家培養した「ニシキ酵母菌」を代々守り続け、醤油の醸造に用いています。
複数の蔵で酵母菌を培養し、発酵させた醤油の味を見て、よりふさわしい酵母を選別しています。それを掛け合わせて、また発酵させ選別する、この試行錯誤を繰り返し現在の「ニシキ酵母菌」を確立しました。
真に求める味を造り出してくれる酵母菌を見極めるには、瞬間、瞬間の感覚と、経験が物を言います。ここに、ニシキ醤油の歴史と伝統が生きています。

「ニシキ酵母菌」への想い

「ニシキ酵母菌」には、日本の醤油のルーツが宿っていると私たちは考えています。
日本の醸造文化は、奈良から発祥しました。
そこで用いられた麹菌や酵母菌は、斑鳩の風土環境に住み着き、様々な発酵食品を造ってきたことでしょう。
法隆寺に程近い、ここ五百井で生まれた「ニシキ酵母菌」が、その末裔だとしても不思議ではありません。
聖徳太子のふるさとで生まれた酵母菌が、今、千数百年の時を超えて…。
無論それを証明する術はありませんが、そんなロマンを秘めた「ニシキ酵母菌」が、永きにわたり、ここ奈良にしかない味を造り続けているのは間違いありません。

参考) 醤油ができるまで

今後の展開

現在ニシキ醤油は、開封後使い終わるまで風味を保つことができる「新鮮ボトル」を使用した新商品の開発を行っています。実は醤油は生鮮食品と言えるほど開栓後に劣化が進む製品であり、開栓すると、流入する外気中の酸素により酸化が起き、色は黒く、味は悪くなっていきます。また同時に、芳香は飛散します。
そこで、ニシキ醤油が新たに取り組んでいるのが、開栓後いつまでも風味を楽しめる「新鮮ボトル」の商品です。これは容器が内袋と外装による二重剥離構造のため、開封後も内容物が空気に触れず、品質を長期間維持できるというものです。
この容器によって、香り高いニシキ醤油のこだわり商品が開栓後いつまでも楽しむことができます。この新商品を今年の夏ごろから地元のスーパーや生協で販売開始し、売上増加を目指します。



しょうゆは開栓後に酸化による劣化が起きます。
大手メーカーは対策として、新鮮ボトルを採用しています。
特許や設備投資の問題からその他の多くのメーカーは参入できていません。
ニシキ醤油では、「100日間新鮮ボトル」を採用し新鮮な醤油を提供しています。


「100日間新鮮ボトル」で、新鮮な生醤油を販売しています。

営業者紹介

ニシキ醤油株式会社

ニシキ醤油の創業家である大方家は、室町時代より、奈良・斑鳩の周辺に大きな勢力を持っていたといわれる旧家です。

戦国期には、大方家は筒井順昭・順慶に仕え、大和の統治に尽力しました。法隆寺周辺を舞台にした「並松の戦い」で順慶が松永久秀の軍勢に破れた時は、殿(しんがり)を守って退却し、のち筒井氏に厚遇されたというエピソードがあります。
大方家には数多くの古い書物や調度品が所蔵されており、中には、かの後醍醐天皇や伊達政宗の書状も残されています。

その後、五百井村で帰農し江戸期まで庄屋を勤めていた大方家が、現在の醤油造りを始めたのは、明治33年(1900年)のこと。近隣の農作物を使った醤油を醸造することで、五百井一帯の農家の自立を助け、若者に職場を提供したい、という社会的な使命感があったようです。
以来一世紀以上にわたり、斑鳩の地で醤油造りに打ち込んでいます。

【会社沿革】
1900年 創業者・大方楢三郎 醤油醸造元 ブランド名「ヤマトニシキ」
1971年 ニシキ醤油株式会社に社名変更 ブランド名「ニシキしょうゆ」
2013年 アマゾン出店
2014年 全国醤油品評会で優秀賞を受賞

【参考ウェブサイト】
会社ウェブサイト
ミラサポ

代表者紹介

代表取締役 大方 豊


【メッセージ】
ニシキ醤油株式会社は聖徳太子様が建立された法隆寺(ユネスコ世界文化遺産)の近くで、殖産振興として1900年(明治33年)に錦醤油醸造大方商店の名前で始まりました。
醤油造りには2種類の菌の働きを活用いたします。

穀類の養分を溶かす酵素を生み出す醤油の麹菌と、醤油の風味を造る諸味発酵のための醤油酵母菌です。気候温暖である斑鳩(いかるが)の里に生息している天然の麹菌と酵母菌の働きで醤油醸造を行ってきましたので、ニシキ醤油が香り高く深いコクの特徴や個性が生み出されたのはこれらが醸(かも)してくれた天然の偉大な成果であるのです。

近年の斑鳩町は人口3万人近くとなり、周辺はかつての田園風景の面影を失いつつあります。
麹菌や酵母菌は環境変化で影響を受けることが考えられますので、三年間に渡る培養選定を繰り返して「ニシキ醤油酵母菌群」を確定いたしました。よっていにしえの時代からのいかるがの里の風味を未来に引き継ぐことができたと考えています。

この貴重な菌群が快適で健康的に最大限役立ってくれてこその、いかるがの里の醤油ですので、醸造設備がこれらに対応できるように設備更新を行ってまいりました。
目に見える道具で醤油を作るのではなく、目に見えない酵母菌群が人に役立つ醤油を如何に生み出しているかに視点を移して考えた結果でございます。

醤油の風味の大敵は空気による酸化ですが、最新醤油容器「新鮮ボトル」は使い終わるまで風味を維持できる画期的な容器です。数種類の新鮮ボトルに色んな醤油や調味料を充填し、私を含めた社員家庭の日常の食生活で1年以上使用実験をしまして、その結果をボトルメーカーに反映させて風味維持と使い勝手の良さに納得できるものを選びました。

皆様に御投資を賜りたいと存じますのは「シュリンクラベル整形機」導入のためでございます。
新鮮ボトル専用の特殊ラベルを熱風で瞬時に貼り付ける機械です。
「新鮮ボトル」を使用してニシキ醤油の風味を多くのご家庭で味わっていただく努力を致しますので、何卒ご支援賜りますようによろしくお願い申し上げます。

ファンド対象事業内容

個人用醤油の売上から分配するファンドです。

なお、事業計画上の売上およびその実現施策、事業計画時の分配金額等については「ファンド情報 分配シミュレーション」ページをご覧ください。

資金使途

ファンド資金は、以下の内容にて使わせていただきます。

投資家特典

・1口につきお中元、お歳暮に醤油セットをお届けします。(送料・税込7,000円相当 送付回数計2回)
・投資家限定の醤油蔵の見学ツアーにご参加いただけます。

複数口お申込みの方は、送付場所を個別に指定できますので、ご友人・ご家族等にプレゼントとしてお送りできます。

特典送付時期は、1回目2016年6月~8月、2回目2017年12月を予定しております。


写真はイメージです。

(注1) 海外への発送はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
(注2) 特典の詳細につきましては、契約期間中、別途ご連絡いたします。
(注3) 特典は、営業者の都合により内容が変更される場合や、実施ができなくなる場合もあることをご留意ください。
(注4) 蔵見学会の交通費、宿泊費、食費等は参加者のご負担となります。

 Facebookで
シェア
  Twitterで
ツイート

セキュリテ
  • 目標金額 
    5,240,000
  • スポンサー募集終了まで 
    終了しました

¥22,000 の支援

 (内訳:出資金20,000円 取扱手数料2,000円)
(上限口数:262口)

クラウドモンスターは検索やランキングで
クラウドファンディングプロジェクトをご紹介 プロジェクト掲載・プレス等についてはコチラ


セキュリテへ