NEW
 2017年02月02日

スマホの使いすぎによる「スマホ首」を改善するために!姿勢を管理してくれるデバイスが登場

 今やスマホは生活に欠かせないものとなっています。しかし、ずっとスマホを使用していると首が痛くなってきてしまいますよね。すでに経験したことがある人も結構いるのではないでしょうか。実はこの症状は、ストレートネック、別名「テキストネック」 「スマホ首」と言います。

 

 

 本来は前方に反る様に湾曲している頸椎(首の骨)が歪み、真っ直ぐに近い状態になってしまうことを指し、長時間のPC作業やスマートフォン画面の見過ぎ、長時間の勉強、運転など、不自然な姿勢を取り続けることで引き起こされる症状です。

 首に負荷がかかり続けると、首や肩、腰に痛みを感じたり、慢性頭痛を生じるだけでなく、仕事や勉強の集中力低下、椎間板ヘルニアなど様々なトラブルの引き金となってしまいます。また、子供は骨や筋肉が軟らかいため、悪い姿勢が習慣付いてしまうと、その後の成長や健康に大きな影響を及ぼしかねません。

 

 

 

 

 この説明を読んで、もしかしたら自分も当てはまるかもと思った方や家族にそうなっているかもしれない人がいる方などにオススメのクラウドファンディングのデバイスがあります。

 それが、首に軽くかけるだけで、ストレートネックの原因となる悪い姿勢をセンサーが感知し、振動アラームでお知らせしてくれるAlex(アレックス)です。

 

 

 専用のアプリと連携することで、自分がいつ姿勢が悪くなっていたのか確認することもできますし、目標の設定や姿勢の変化をリアルタイムで確認して正すこともできます。

 

 

 

 

 PC作業などのために俯いた姿勢を維持し続けるなど、首のトラブルを引き起こす様々な「悪い姿勢」。これ以上その姿勢を続けていると筋肉の緊張度合が増すと判断したタイミングで、装着者本人に内蔵のバイブレーターを振動させて知らせます。

 普段PCなどを使うことが多いという人にとっては休憩を挟むべき時がわかるので、かなり便利ではないでしょうか。

 

 

 このAlexはなんとたった25gという軽さなので、つけていても負担になることはほとんどないでしょうし、子どもやお年寄りが利用することも簡単そうです。

 さらに難しい操作も特にありません。本体のスイッチをオンにしてメガネをかけるのと逆にして首の後ろにかけるだけで準備ができてしまいます。

 

 

 一日に四時間つけて三週間以上使えば効果がわかるそうです。もちろん個人差はあるようですが、これをつけて生活していれば正しい姿勢になれそうですね。

 

 

 

 

 深刻な社会問題となりつつある「スマホ首」。自分や周りの人のためにも検討してみてはいかがでしょうか。


 Facebookで
シェア
  Twitterで
ツイート

プロジェクト検索


本文から検索 タグ検索
カテゴリー・ジャンル
購入型 融資・ファンド型 総合 社会貢献 社会問題 雇用創出 地域貢献・地元応援 音楽・アーティスト 芸人 スポーツ・アスリート 映像・アニメ モノづくり ビジネス支援 ファンド型 書籍・雑誌・出版 Webサービス・アプリ・ソフトウェア ゲーム 演劇・舞台 アート
クラウドモンスターは検索やランキングで
クラウドファンディングプロジェクトをご紹介 プロジェクト掲載・プレス等についてはコチラ